研修のご案内

お申込みにあたって

ご購入の際にはクレジットカード決済を選択いただくと、手数料がかからずスムーズです。
(お支払い方法にかかわらず、研修当日に領収証をお渡しいたします)
銀行振込の場合、振込手数料をお客様にご負担いただくこと、ご了承ください。

研修を受ける際の注意事項

・PDPの初学者は、PDP入門(2018年度)、PDP概論(2019年度~)から受講してください。
※昨年度以前の研修の受講実績がある方は、研究会研修の受講履歴として読み替えが可能な場合がございます。詳細はFAQ: Q2をご覧ください。

職位別の推奨受講パターン
※必ずしもこの順番でなくても構いませんが、D・Eの研修はA・Cの受講を前提としています。

①副師長・主任
A.PDP概論→B.PDP演習→(C.マネジメント・コンパスの考え方と活用)
※Cの研修をA,Bより先に受講していただいても問題ありません

②師長
A.PDP概論→B.PDP演習→C.マネジメント・コンパスの考え方と活用→D.ロードマップ策定

③部長・副部長・統括師長
A.PDP概論→(B.PDP演習)→C.マネジメント・コンパスの考え方と活用→D.ロードマップ策定→E.組織学習のファシリテーション

・所定の講座を受講した方は、臨床看護マネジメントリーダー(CNML)として認定し、修了証を発行いたします。

研修一覧

・PDP入門(2018年度)/PDP概論(2019年度~)
問題解決を軸とした管理の考え方を理解し、PDPフレームワークの使い方を学びます。

・PDP演習
PDPワークを繰り返し実践することによって、問題解決手法を自分のものにすることを目指します。

・マネジメント・コンパスの考え方と活用(2019年度~)
部署の管理方針を立て、内外に示すプロセス(いわゆる「目標管理」)を整理しなおした「マネジメント・コンパス」の考え方を学び、「学習する看護組織」作りを目指します。

・教育計画(2018年度)/ロードマップ策定(目標達成型思考・教育計画立案)(2019年度~)
院内の教育担当者を対象とし、スタッフ・管理者の教育設計ができるようになることを目指します。

・ファシリテーション(2018年度)/組織学習のファシリテーション(2019年度~)
PDPワークのファシリテーションができるようになることを目指します。



キャンセル不可・振替可能

講師について
PDP研究会の講師紹介はこちらから。

お申込受付は、各研修の一週間前までとさせていただきます。