MCサーベイ

MCサーベイは組織の健康診断です

組織も健康状態を把握するために、定期的に健康診断を受けましょう

人は自身の健康状態を把握するために、年に一度健康診断を受けます。

組織も同じです

組織は「生き物」です。環境・状況が変われば、組織の健康状態も変化していきます。年に1度は、組織も健康診断を受け、内部の状態をモニタリングしましょう!

組織も健康診断を

MCサーベイでわかること/できること

組織の健康状態を、「良い・普通・悪い」の3段階でわかりやすく把握することができます。また、健康状態に応じて、組織の課題のどの部分に優先的に取り組めば良いかがわかります。

サーベイの結果:悪い

スタッフの多くが仕事に困難を抱えており、へこたれてしまっている状態です。健康診断で言えば「治療が必要」と判断された状態です。このように組織の健康状態が良くない時は、組織の目標やノルマの達成に取り組むのは難しく、まずは足元の問題の解決に取り掛かる必要があります。たとえ多くの問題を解決するのが難しかったとしても、「今日は昨日よりも少し状況が良くなった」と思えるような小さな一歩を踏み出し、スタッフの気持ちを少しずつ上向きにしていくアプローチが求められます。

サーベイの結果:普通

モチベーション高く元気に働いている人もいれば、へこたれている人もいる。とても元気というわけではないが、不満はなく働けている人もいる…という、様々な満足度のスタッフが混在した状態と考えられます。この場合、問題解決的なアプローチで職場環境を改善していくことも重要ですが、そればかりだと比較的元気な人たちのやる気が高まりません。ある程度満足している人たちには、チームがより良くなるための前向きな目標を示す必要もあり、状況に応じた個別的な対応が求められます。

サーベイの結果:良い

多くのスタッフが現状に満足し、比較的やる気を保って働けている、組織が健康な状態です。真面目な管理者は、より完璧を目指そうとして、細かな問題を解決したくなるかもしれません。しかし、この状態の時に必要なのは問題解決ではなく、前向きな目標を立て、皆で協力して取り組んでいくリーダーシップです。今こそビジョンやゴールを共有し、組織が比較的健康であることをメンバーに伝え、チームが歩むべき道を示すことで、組織をさらに成長させていきましょう。

マネジメント・コンパスを使って、健康でレジリエンスの高い組織をつくろう

マネジメント・コンパス(MC)は、SWOT分析やBSCに代わる、新たな看護管理のフレームワークです。
マネジメント・コンパスは、MCサーベイやMCチャート、PDPなどの各ツール群から成っています。これらのツールを活用すれば、管理者が協働的に学び合う、レジリエンスの高い組織を作ることが可能です。
マネジメント・コンパスの全体像については詳しく知りたい方は、こちらを御覧ください。

まずは、MCサーベイの結果を部署のマネジメントに活かすために、MCチャートを使ってみませんか?
MCチャートをブラウザ上で展開できる「MCチャートアプリ」は、会員の方なら無料でご利用いただけます。詳しくはこちら
MCチャートについて詳しく学習したい方は、研修[C:マネジメント・コンパスの考え方と活用] を受講してください。

結果の読み方について(MCサーベイライト)

(クリックで拡大)

PDFダウンロードはこちらから

サービス比較

MCサーベイにはPremiumと、簡易版のLightがございます。
Premiumは医療機関全体の調査に、Lightは部署単位の調査に最適化された設計となっております。

 

プレミアム

ライト

結果表示 MCサーベイプレミアム
・約80個の質問で問題の所在を詳細に検索
・11の観点で介入ポイントがわかる
MCサーベイライト
・1部署のみの導入が可能
・全21の質問でMCチャートの着眼点を把握
MCチャートにおける着眼点の表示 あり あり
単位 看護部・医療機関全体 1部署・小規模施設(5*〜50名)
部署別集計・
部署間比較*
あり なし(部署に分けた集計はできません)
経年変化の比較 あり(過去4年まで) なし
質問紙の種類 看護職、医療職、介護職、事務職 看護職のみ
回答方法 スマホ・PCで回答 スマホ・PCで回答
結果報告の形式 結果シートをPDF形式のデータで送付 WEBで閲覧
調査対象数
ごとの価格(税別)
〜 100 名 15 万円
~ 200 名 20 万円
~ 300 名 25 万円
~ 400 名 30 万円
~ 500 名 35 万円
~ 700 名 40 万円
~ 900 名 45 万円
10,000 円

※回答者数が5名以下の場合、個人の回答の特定防止のため、その部署の集計結果は表示されません。