本研究会の概要

PDP研究会(持続可能な看護組織を考える研究会)とは

平成27~29年度に日本赤十字社医療センターを中心に行われた、文部科学省委託事業「看護管理者の院内継続教育の開発」プロジェクトを引き継ぎ、実行委員会の有志で立ち上げた任意団体です。院内で管理者がPDP(Problem-Discovery Process)を活用して学び続け、看護組織の持続可能性を高めていくことを目的としています。

Mission

新しい看護管理の考え方の普及・啓発

文科省事業で策定した「看護管理者の継続学習指針(第2版)」を踏まえ、問題解決を軸にしたシンプルな看護管理の考え方を普及していきます。具体的には、看護過程と似た思考プロセスを持つPDPフレームワークを使い、マネジメントに関する組織学習を推進します。また「看護管理は難しい」というイメージを払拭し、現場のニーズに応じた「シンプルでわかりやすい、楽しく取り組める」ものに、看護管理の学びを変えていくことを目指しています。

学習機会の提供/教材・ワークシートの開発

本研究会では、看護管理者が所属施設や地域において、継続的に学び合う環境作りを最終目標としています。しかし現在は、認定看護管理者教育などの「院外での学び」の割合が多く、院内で管理者教育を継続的に実施する体制が整っているとは言い難い状況です。本研究会でも、まずは院外で学ぶ研修の機会を提供しながら、院内で管理者が継続学習するための教材・ワークシートを開発し、少しずつ院内での「管理者の学び合い」を推進していくことを企図しています。

臨床看護マネジメントリーダーの養成・活動支援

管理者が所属施設や地域において継続的に学び合うには、組織的な学習をファシリテートする人が欠かせません。本研究会では、その担い手である「臨床看護マネジメントリーダー」の養成を文科省事業から引き継いで行っていくとともに、養成講座の修了者(CNML)のネットワーキングや活動支援を行っていきます。将来的には、医療機関や地域において、CNMLがプロデュースした看護管理者どうしの学びが自律的に展開されることを目指しています。

組織体制(平成30年4月現在)

発起人

  • 日本赤十字社医療センター 看護部
  • 三重大学医学部附属病院 看護部
  • 有限会社ノトコード

事務局

有限会社ノトコード
E-mail : inquiry@cnml.jp
TEL : 03-5684-0505