2019年度研修を開催しました

【東京】A.PDP概論 を開催しました

5月17日(金)、東京都の文京区民センターにて「A.PDP概論」を開催しました。関東甲信越を中心に、全国の医療機関から80名ほどの看護管理者の方にご参加いただきました。

午前中の約2時間の講義を経て、午後には1名の受講者の方にご協力いただき、PDPワークのデモンストレーションを行いました。

最後は3~4人のグループに分かれ、ワークシート1枚目「困りごと整理シート」を中心に、PDPワークを体験していただきました。

今後実施する「B.PDP演習」では、「A.PDP概論」の内容を踏まえ、じっくりとグループワークを実践することができます。Aの研修を受講された方は、ぜひご参加ください。

【東京】C.マネジメント・コンパスの考え方と活用 を開催しました

5月18日(土)、東京都の入谷ホールにて「C.マネジメント・コンパスの考え方と活用」を開催しました。関東甲信越を中心に、全国の医療機関から40名ほどの看護管理者の方にご参加いただきました。前日の「A.PDP概論」に引き続き受講された方も多かったようです。

午前中の約2時間の講義を経て、午後には1名の受講者の方にご協力いただき、実例をもとにMCチャートを作成するデモンストレーションを行いました。

最後は3~4人のグループに分かれてワークを行いました。今回は師長・副師長の参加者の方が多かったため、MCチャートの右側、「自発的な目標」と「自発的な困りごと」を埋めていくワークを行いました。

MCチャートは、まず師長が右側を記入したうえで、次に左側「外発的な目標」と「外発的な困りごと」について、看護部と相談・対話しながら作成していくことを想定しています。研修を終えて自院に戻ったら、ぜひ看護部と話し合い、チャートを完成させてみてくださいね。

MCチャートを効果的に使っていくには、PDPとロードマップ策定の考え方をマスターしていることが重要です。「A.PDP概論」と「C.マネジメント・コンパスの考え方と活用」を受講された師長以上の職階の方は、ぜひ次の「D.ロードマップ策定」にもご参加ください。また、CNMLを目指す方、院内でマネジメント・コンパスを導入したい方は、「E.組織学習のファシリテーション」も受講されることをお勧めします。